読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種馬ジャーナル

ストリートスポーツやアングラカルチャーを中心に、体験・レポートするブログ。話がまとめられない子なので、更新頻度が悲惨

電通の過労死問題は「大企業全て」が本気で取り組まなきゃ解決しないって話

電通の新入社員が過労により自殺をしたニュースが話題になっている。

 

 

www3.nhk.or.jp

 

 

広告代理店の文化に根ざすとも言える過剰労働、パワハラとも言える言動が状態化した職場環境、「何故自ら命を絶つ前に、この環境から逃げ出さなかったのか」という議論も多くなされている。

 

blogos.com

 

 

「出ていかない」のでなく「出ていけない」

 

これが現実なんじゃないだろうか。ベンチャー企業への新卒入社も当たり前になりつつある世の中ではあるが、「大企業」と言われる企業を飛び出すことは、新卒入社から1,2年の若者にとって未だ容易ではないのが現実だと感じることが多い。

 

第一に、「行き先に関する不安」だ。

 

どれだけ「どんな企業もこの先どうなるか分からない」とネットの記事で見て、頭でわかっていたとしても、「大企業という安定(たとえそれが幻想でも)」を捨てることへの抵抗感は少なからず存在するし、何より、胸を張れるスキル・実績の無い新入社員が「やめる」・「逃げる」ということに世間は想像以上に冷たい。

 

 

何が「新卒一括採用」だ。

 

何が「就職偏差値」だ。

 

 

こいつらが生む、たかだか就職しただけで「何か他の人に手に入らないものを得た」という思い込みが、本来「マッチング」を志向するはずの採用・労働を歪めてるんだと思う。

 

合わない会社をやめることで失うものなんてほんとは何もないはずなのに。

 

 

 

もうひとつ、「今働いている会社・職場が、転職を受け入れないこと」も、飛び出すことを困難にしている要因だと思う。

 

僕は今年の5月に、前職のリクルートを辞めて転職した。

そこには「将来こんな仕事がしたいな」というポジティブな気持ちもあったけど、ネガティブな気持ちも無かったと言ったら嘘になる。

 

やっぱりどうしても労働時間が長くなるから体力的にもキツかったし、3年間勤めた営業職にどうしても適正を感じず、メンタル的にも相当削った。

精神科的なところに行ってみたのも1回や2回じゃない。

 

そんな僕を見かねたのか、当時の上司が「お前他のことの方が向いてると思うぜ」と話しかけてきた。

その時は、「てめえらが採用したんだろうがクソ野郎」と思ったけど、この日から僕はオープンに転職活動が出来るようになった。

周囲の先輩や後輩も相談に乗ってくれるようになったし、面接やESが書ける時間を作ろうと業務調整もしてくれた。今となっては先程の上司にも本当に感謝している。

 

 

「企業は社会の公器である」と松下幸之助は言った。

 

 

ダイバーシティ」や「生産性」が叫ばれるこの頃。

「一人ひとりが自分や周りを大切に出来る社会」が志向されているのだとしたら、今回の1件を通じて電通は「公器」としての役割を果たせていなかったのかもしれない。

 

ただ、それは電通1社の問題ではなく、採用制度・企業文化含め、全ての企業が一丸となって取り組んでいかないと解決しない根深い話なのだと思う。

「一人ひとりが自分や周りを大切に出来る」ということを、参加者全員が「当たり前」だと思える状況にならないといけないと思う。

 

www.nikkei.com

 

 

 

最後に、感傷的な話になるが、今回亡くなった高橋さんは僕の大学時代の後輩だ。

僕が一緒に過ごしたのは、駒場時代のたった1年だけだったけど、入学オリエンテーションの教室に明るい顔で入ってきた彼女はとても印象的な存在だった。

 

あれから話す機会も多くはなかったけど、昨年亡くなられたときにはやっぱり他人事じゃない喪失感のようなものを感じた。

人が亡くなるっていうのはそういうことなんだろうなと思う。

 

改めて、故人の冥福をお祈り致します。

広島東洋カープが愛される"本当の理由"

2016年9月10日。広島東洋カープが四半世紀の時を超えてプロ野球セ・リーグを制したというニュースが全国を駆け巡った。
 
 
筆者は広島生まれ広島育ち平成2年生まれの26歳。
前回の優勝は、当然記憶にない。
 
野球は、小学生の頃にソフトボールをかじった程度であとはパワプロくらい。
大学進学とともに東京を離れてからは、ほとんど野球やカープと触れ合わずに過ごしてきた。
 
それでも、この優勝は泣いた。
 
緒方がいる、黒田がいる、新井がいる(最近の広島県民は贖罪意識からか「新井さん」と呼ぶらしい)。
全くと言って良いほど地元を離れてから野球を見ない僕にとってさえ、馴染みの深いスター達が画面の向こうで涙を流している。さすがにこの映像には食らった。
 
カープ女子」やらいろんなワードが飛び交い、プロ野球界における「マーケティングの成功事例」として取り上げられることも増えてきたカープ。今回の優勝のタイミングでも、様々な角度からカープ論が語られている。
 
 
◾︎BLOGOS 常見陽平 「広島東洋カープは、なぜ愛されるのか」
 
◾︎ZAKZAK 宮脇広久 「広島カープはなぜ愛される?地元テレビ局関係者が分析」
 
 
どれを読んでも確かに一理ある。
ただ、僕のような「ただ広島に生まれ育っただけ」の人間の心にここまでくる理由には、どれも不足だなあと感じたので、ここに僕の思う「広島東洋カープが愛される本当の理由」について、僕の思うことを記そうと思う。
 
 
①「カープは『広島史』そのものである」
よく語られるように、カープは原爆復興の流れで生まれた市民球団が歴史の始まりだ。
 
広島の人々は、この街に起こった悲劇と再生の歴史を、教科書上のものではなく、自分たちの街の歴史として、幼稚園・小学校の頃から当たり前に学ぶ。
 
はだしのゲン」を小学校の図書館で借り、原爆ドームへの遠足では道路を一本挟んだ広島市民球場を横目に眺め、広島という街はカープとともにあることを知る。
 
これが広島の教育であり、広島の常識なのである。
 
 
②「インプレッションが異様に多い」
上に書いたようなこともあって、広島の人々は、世代を問わずカープが重要な存在であることを知っている。
 
その結果、広島のテレビ番組では異様なほどにカープの選手が出てくる。
 
「元気丸」を始めとしたスポーツ番組、マエケンや栗原が歌い踊るハウスメーカーのCM、新井さんがいじられまくるゴルフ特番。家族団らんの夕食どきや、親戚一同が会する年末年始の場では、必ずと言っていいほど「野球をしていないカープの選手」の姿を目にすることになる。
 
そうして彼らは、「ただのスポーツ選手」から、「親戚のような親しい存在」にシフトしていく。
 
 
③「『日常』から『非日常』へのシフトに成功した」
ちょっとこれは余談に近いかもしれないが、重要なことだと思うので書いとく。
 
広島の人々にとって、カープは当たり前の存在であったが、大多数の人にとっては万年Bクラスが続いていたこともあって、「テレビで見れば十分」なものとなってしまっていた。
 
これに対し、「生で見るインセンティブ」を提供したのが、新市民球場ことマツダズームズームスタジアムや、「カープ女子」などのマーケティング施策である。
 
広島人の心に潜在的に眠っていたカープ愛は、「非日常の楽しさ」とドッキングし、観光資源は豊富でもぶっちゃけ地元民にとっての娯楽は特に存在しないこの街の退屈さへの数少ないソリューションとなった。
 
こうして、カープの試合を観戦することは、アクティビティとしての優位性を取り戻し、「カープを応援すること」の楽しさを忘れた層を呼び戻した。
 
 
 
以上3点が、僕の思う「カープが本当に愛される理由」だ。
 
 
カープが優勝した夜、広島市内で若者も老人も皆が笑顔でハイタッチして歩き回るシーンを見て、すごくカープらしいし、広島らしいなあと胸が熱くなった。
もし日本シリーズ優勝でもなったら、何日この祭りが続くことになるんだろう。
 
 
試算によると、カープの優勝による経済効果は331億円で、これは阪神や巨人が優勝した時に比べると及ばない数字だそうだ。
 
でもそんなことは関係ない。
 
カープが優勝した」。この事実だけで広島に生まれ育った何百万の人たちが、「生きてて良かった」と心の底から思えるんだから。

晋平太は戦車から降りたのか

巷で話題の「拙者が運転者」問題。

 

 

元ネタがこれ。(2:00くらい)

www.youtube.com

(当時現場で見てたのが唯一の自慢)

 

 

 

そして3年半前のこのラインにMC漢がブチ切れ。

www.youtube.com

 

 

それを受けて、意気揚々とバトルで使い出す晋平太(1:00くらい)

www.youtube.com

 

 

いや、違うんだよ晋平さん。

 

俺たちが「拙者が運転者〜」フリークスなのは、「鎮座DOPENESSっていう強敵相手の渾身のアンサーがギャグみたいなライン」っていうシチュエーションと、余韻残しまくりの声色がインパクト強すぎだからなんだよ。

こんなクールな拙者は運転者じゃない。

 

 

 

俺たちは、不器用だけどいつも全力投球でハングリーな晋平太が大好きだったんだ。

 

 

延長だろコラァ!!